一人旅で人生を客観視しよう 社畜が一人旅をする4つのメリット

社畜となって働いていると自分の業務をこなすことで精一杯になり、毎日終電ギリギリ早く業務が終わっても会社の飲み会が入る。そうしていると会う人や飲む人はいつも同じ人となっていきどんどん自分の視野は狭くなっていきます。そしてふと『人生このままでいいのだろうか』と考えてしまいますよね。そんな人たちに、こういう時こそ一人旅をして自分の人生を客観視してみる事を強くお勧めします。ここでは毎日一生懸命働いている人が一人旅をする事で得られるメリットについて書きます。

 

自由に行動できる

やはり一人旅最大のメリットは『自由』である事でしょう。自分の都合のみを考えれば良いので、場所や時間、食べ物といった事はすべて自由に決める事が出来ます。これが働いている場合だとそうはいきません。特に組織に入ると自分一人の事ではなく周囲の人、もっと言いますと上司の意見を尊重して行動しなければいけません。なので、やりたい事はあるのに他の人の意見を尊重してしまい自分の意見が反映されない事を経験した事はあるのではないでしょうか。

これが一人旅になるとすべて自分で決める事が出来るのでそういった事は全く無くなります。

成長につながる

一人旅はこれまで行った事が無い所へ行く事が多いと思います。なので常に『何を食べるか』、『どこへ行くか』、『どこへ泊まるか』といったように常に自分で考えて、時には調べたりしながら行動する事が求められます。また、一人旅をしているとやはりトラブルに巻き込まれた時、例えば、荷物を盗まれたり、体調を崩したり、変な人に絡まれたりと様々ですが、想定外な事に対しての問題解決能力が必要になってきます。このような経験をしていく中で、自分で物事を見極め判断する力やあらゆるトラブルが発生した時にどのように対処すればよいか、あるいはどんなトラブルが発生しそうかといったリスク管理をする力が身につき、それが『自分の力で何とかなる』と言う自信につながります。

 

出会いがある

ひとたび一人旅をしてみると、国内・海外それぞれで沢山の人に出会います。特に海外旅行で宿に宿泊すれば様々なバックグラウンドをもった人に出会います。普通に生活してては出会わないような人たちです。投資会社を作ってその利益で旅行している人や半年日本で働いて半年海外にいる人、海外留学中の人、転職前な人等沢山の人に出会います。外国語が苦手な場合は日本人宿もあるのでそちらに泊まるという選択肢もあります。他にも女性の旅行者もいるので旅行先で出会い恋人となり一緒に旅行している人等もいます。沢山の人たちと会う中で色々な生き方を見る事ができ自分の視野が広がるので様々な観点から自分の人生を見る事が出来ます。

自分に対して素直になれる

一人旅をしていると様々な文化や人々に触れる機会が多くなります。普段仕事をしているとどうしても『人の顔色』をばかり伺って本来の自分の気持ちを押し殺してしまうようになっていませんか?一人旅をしているとどうしても自分で決断することが多くなりますので自然と自分の気持ちを知る事が出来ます。

 

まとめ

一人旅をする事で様々経験や沢山の人々と会う事によって自分の人生を色々な側面から見る事ができるようになります。仕事ばかりの人生を一度見つめ直すうえでも一人旅をして新たな観点を手に入れてみてはどうでしょうか?