一人旅@イタリア

イタリアとは?

 

 

正式名称 イタリア共和国
首都 ローマ
人口 約60.6百万人
面積  30万km2(日本の約5分の4)
宗教 キリスト教
言語 イタリア語
通貨 ユーロ
東京からのフライト時間 12時間50分
時差 マイナス7時間
お薦めの観光地

参考:イタリアの位置:

一人旅エピソード①:ローマ

■一人旅事例-概要:

訪問都市 ローマ
期間 4日間
資金 67500円
行き方 ミラノ→ローマ
一人旅をしよう思った理由 長期休暇を利用して社会見学

 

■一人旅エピソード:

ミラノの中央駅を出発して、ローマに向かいました。ローマには、円形闘技場やスペイン坂、バチカンなど見所が多いですが、私はウフィッツィ美術館がお目当てでした。正直1日では全然足りません。その後ピサに移動して斜塔をみて、一泊。そのあとフィレンツェに立ち寄って観光したのち、ボローニャまで北上して一泊。全て電車での移動が可能で、車内も快適でした。今から思えば、1年に最低でも2日かけて過ごせたらもう少しその都市の雰囲気を味わえただろうになぁと思います。

 

一人旅エピソード②:ローマ

■一人旅事例-概要:

訪問都市 ローマ
期間 5日間
資金 合計25万、航空券8万、ホテル3万、食費5万、ツアー参加費1万、国内交通費2万、見学料1万、その他5万
行き方 成田空港→エアロフロート航空利用でモスクワ乗り換え→フィウミチーノ空港→ローマ、バチカン市国観光→ツアー参加でカプリ島→電車移動→ミラノ
一人旅をしよう思った理由 母が亡くなり1年が経ち、自分も前を向いていかないといけないと思い気分転換、心の整理のために好きなイタリア料理を食べたいと思い一人旅を決意しました

■一人旅エピソード:

ローマは都市全体が世界遺産でどこを見ても見どころが沢山ありました。そして親日家ということで日本人である私に声をかけてくる人が多く、言葉の通じない私には日本語が少ししゃべれる人はみんなとてもやさしく感じました。母が亡くなった悲しさがイタリア人の陽気さや優しさで癒された気がしました。それに日本人観光客が多いためか日本語でのメニューもあり、どのお店もとても美味しく、イタリア料理を堪能したいという私の希望もかないました。ただ一人でディナーを食べに行くのはちょっと大変でした。男の人がホテルまでついてきそうになった時はとても怖い思いをしました。またどこの美術館も入館に長蛇の列が出来ていたので事前予約が必須だと思いました。特にミラノの最後の晩餐が見られる教会は予約が必須でしたが、予約方法が当時は電話しかなく日本からの電話がほとんど通じず、つながってもイタリア語でないと受け付けてくれないというほどでした。現地にある日本代理店を通して予約をしましたが、なかなか予約が取れたとの返事が来ず、別の日本にある代理店に別で予約をお願いしました。結局両方で予約が取れたので2回に渡り最後の晩餐を堪能することができました。日本だとすぐに予約可能であったり、返信が返ってくるが現地の会社だとなかなか返信が返ってこず文化の違いを感じました。また言語が通じないというのは本当に大変だなと改めて感じました。大変なことはありましたが、初めての一人旅にしては大きなトラブルもなく自分が見たいものや食べたいもの、行きたい所を一人で好きなだけ堪能出来る一人旅は最高の癒しになるなと思いました。