【ベルギーへ一人旅】概要とおすすめ料理と観光地

ベルギーって?

ベルギーについてご紹介したいと思います。まずベルギーはヨーロッパに位置していますので、日本から飛行機で大体12時間から14時間かかります。

物価についてはピンキリです。レストランでの食事は、高いものから手頃なものまで様々あり、高価な料理はその分とても美味しかったです。

ただレストランに入ると、日本のようにただで水は出てきませんので、有料の水しかありません。

 

■おすすめの料理

ベルギーといえば、ムール貝などの魚料理やベルギーチョコレートを使うスイーツやワッフルが有名で、チョコレートやビールは水よりも安いことが特徴です。

本場のチョコレートはとても美味しいです。親しみがあって日本人に馴染みのブランドといえば、やはりGODIVAでしょうか。その鼻を通り抜けていく香りや味は別格です。

また、ベルギーの料理を楽しみたいのなら、ブリュッセルの町がおススメです。沢山のお店があり、中でもスヘルテマが美味しいです。ワインとムール貝の芳醇で旨味豊かな味わいに驚きますよ。

 

■おすすめの観光

ベルギーはとにかく街並みが綺麗で可愛らしいので、歩くだけで楽しいでしょう。

その中でも是非足を運んで欲しい所を紹介します。

まずは世界で最も美しい広場といわれる広場グランプラスです。(残りはヴェネツィアのサン・マルコ広場、シエーナのカンポ広場)

ここに来ればベルギーの素晴らしさを全て堪能できるでしょう。

他には7大秘宝とも呼ばれる文化財があり、イカロスの墜落のある風景、神秘の子羊、キリスト降架、聖バルテルミーの洗礼盤、聖ウルスラの聖遺物箱、オワニーの聖遺物箱、聖遺物箱です。

世界遺産はフランドル地方のベギン会修道院群、ブルッヘ歴史地区、ノートルダム大聖堂、ワロン地域の鉱山遺跡群、ル・コルビュジエの建築作品などがあり、ユネスコに登録されています。

 

■注意した方が良い事

治安はヨーロッパの中では良い方ではなく観光客を狙ったスリなどは必ず存在しますので、鞄は前に下げたり周りに注意を払うのも大切です。その中でもブルッセル南駅近くに夜に外出すると危険です

 

日本から行くと時間がかかってしまいますが、ヨーロッパ旅行に行ったときに急に空き時間ができたとしても1日や2日あれば十分に楽しめます。また、ベルギーは面積が狭くて言語が4種類も使われることが他では味わえないため、文化を学ぶために行く場所としてもおすすめです。

 

■参考:ベルギーの一般情報:

正式名称 ベルギー王国
首都 ブリュッセル
人口 約1132万人
面積 23万528kim(日本の約12分の1)
宗教 カトリックしかし近年はムスリム移民が増加
言語 オランダ語,フランス語,ドイツ語
通貨 ユーロ
東京からのフライト時間 12時間
時差 -7時間
お薦めの観光地 グランプラス、小便小僧

位置

おすすめ観光時期

ベルギーは四季はきちんとありますが日本より比較的寒い国です。

その中でも旅行ののベストシーズンは『4月後半から10月』です。