【マダガスカルへ一人旅】概要とおすすめ料理と観光地

マダガスカル共和国って?

マダガスカルはアフリカの東側にあり、日本の1.6倍の面積を持つ島国です。

物価は日本と比較すると安いものもあれば高いものもあり、実際には相場が分かりづらい傾向があります。

また、マダガスカルでしか味わえないことは野生動物たちとふれあうことや植民地時代の面影を感じることで、海に囲まれているため絶景を堪能できることが特徴です。

マダガスカルの一般情報:

■参考:マダガスカルの一般情報:

正式名称 マダガスカル共和国
首都 アンタナナリボ
人口 約2557万人
面積 58万7295km2(日本の1.6倍)
宗教 キリスト教,伝統宗教,イスラム教
言語 ドイツ語
通貨 アリアリ
東京からのフライト時間
時差 ー6時間
お薦めの観光地 レミューズパーク、ペリネ自然保護区

おすすめ料理

食文化はかつてアジアとインド洋交易を行っていた背景があるので中国料理、インド料理またかつてフランスの植民地であったためフランス料理の影響を受けています。

基本的にはお米中心の生活になり、おかずは肉類が多いです。

おすすめの食べ物モサキーキと呼ばれる肉の串焼きやヤウールメゾンと呼ばれる手作りヨーグルトで、他の地域にはない独特なものがあります。

 

おすすめ観光地

観光地はレミューズパークやペリネ自然保護区などがあり、ワオキツネザルやインドリなどを見れます。

バオバブの並木道は木に囲まれた神秘的なもので、自然の雰囲気をそのまま体感できます。

世界遺産はアツィナナナの雨林やアンブヒマンガの丘の王領地などがあり、植民地時代の面影を残し絶景を堪能できます。

 

注意した方が良い所

旅行をする時は地域によって物価や生活環境が異なり、都市部は交通網が発達していますが地方になると何もないエリアが多いです。

治安は場所によって違いますが、貧困状態の住民が多くスリや置き引きなど様々な犯罪が起きています。

マダガスカルは都市部以外の場所に行くとタクシーを利用せざるを得ない場合があり、現地の住民は交渉が苦手なため戸惑うこともあります。

旅行をする時は地区ごとの特徴を確かめ、トラブルに巻き込まれないようにすることや場所場所による相場の間隔には十分に気を付ける事が大事です。

参考:マダガスカルの位置: