【マルタへ一人旅】概要とおすすめ料理と観光地

マルタって?

マルタ共和国はイタリアのシチリア島の下に位置する地中海に浮かぶ小さな島国です。

そのため、四方八方をエメラルドグリーンの海に囲まれ、その美しい景観ゆえに観光客もたくさんいます。

マルタは初めてのヨーロッパでも女性でも安心に一人旅ができる国です。

小さな島国なので3泊もあれば十分に回ることができるのでGWなどの連休でも行きやすく、リゾート気分もヨーロッパの雰囲気も味わえるのでぜひ訪れてみて下さい。

 

おすすめ料理

地中海料理とウサギ肉を使った料理がおすすめです。

パスタからスープなど幅広い種類の地中海料理があるので自分のお気に入りの料理を探してみるのも楽しいかもしれませんね。

ですが僕の一番のおすすめはマルタのファストフード的存在の「パスティッツィ」というものです。

ハンバーガー程の大きさのパイの中にリコッタチーズやチキン等の具を詰めてじっくり窯で焼いたもので、値段も1つ80¢~。

1€もしないで食べられるマルタの絶品料理なので行った際には是非試してみて下さい。

おすすめ観光地

マルタはバスが信じられないくらいたくさん走っているため、何処へでもバスで行くことができます。マルタ自体がコンパクトな国なので、2日もあれば、バスを乗り継ぎ主要な観光地を回ることができるでしょう。

マルタでは主要な町がいくつかあり、まずは首都のバレッタ。街全体が世界遺産に登録されており、本当に美しい街です。

街は城塞の壁に囲まれており、聖ヨハネ大聖堂やヨーロッパ特有の雰囲気のある路地、レストランにかわいらしいお店等歩いているだけで楽しい街です。

そして端から端まで歩いても20分程あれば行けちゃうので観光で歩き疲れちゃって見所を全部回れなかったらどうしようという心配もありません。

次はイムディーナと言われる街。

こちらはバレッタが首都になる前のマルタの首都で、中世の色合いが濃く残された日本でいう京都の様な街です。

しかし今では300人程しか人口がおらず、静寂の街とも呼ばれています。とても小さな街ですが街並みは想像している中世のヨーロッパそのままです。

美しい石畳の細い路地を歩く自分の足音がコツコツと聞こえ、メルヘンな気分が味わえます。

そしてお買い物を楽しむならショッピングモールがあるスリーマ、バーやパブへ行くならセントジュリアンといった感じでどこもバレッタからバスで15分でアクセスしやすい場所にあります。

そしてマルタは主にマルタ島、ゴゾ島、コミノ島とう3つの島に分かれるのですが僕の一番のおすすめは真ん中に位置する1番小さな島のコミノ島です。

コミノ島のブルーラグーンと呼ばれるビーチは別名天国のビーチとも呼ばれ、世界有数の海の透明度を誇ります。

その透明度の高さから船が宙に浮いているようにまで見えます。

なのでアクティビティとしてダイビングに挑戦するのもよいでしょう。

初心者にも優しく教えてくれるガイドとともに、透き通る海の中を優雅に泳ぐことができます。

ヨーロッパならず世界でも有数の美しいビーチですので是非足を運んでみて下さい。

マルタ島からはフェリーで30分程とアクセスも良好です。

 

注意した方が良い事

ですが、マルタで気を付けてほしいことは気候です。

色んなサイトでは温暖な気候で過ごしやすいと書かれていますが、まだ3~5月等夏以外はとても寒く感じました。

というのも、気温は温かいのだろうけど風が恐ろしく強いのです。周りが海に囲まれた小さな島国でアフリカからの風がとても強く体感気温はぐっと下がってしまいます。

5月頃でも長袖や簡単な上着は必須でしょう。マルタはヨーロッパの美しい街並みと地中海に面した綺麗な海、そして良好な治安と一人旅で行くならこんなに良い所は他に少ないと思います。

 

昨今、注目を集めているマルタ。その周りを囲む海はとても美しく、あなたの心を癒してくれること間違いなしです。

 

 

■参考:マルタの一般情報:

正式名称 ドイツ連邦共和国
首都 バレッタ
人口 約43万人
面積 35.7万kim2
宗教 カトリック
言語 マルタ語、英語
通貨 ユーロ
東京からのフライト時間 17時間
時差 ー7時間
お薦めの観光地 聖ヨハネ大聖堂、マルタ島

参考:マルタの位置: