会社を辞めて自分探しの一人旅@東南アジア

動機

私は31歳の男性で、IT業界で働く社会人です。新卒で入社して8年間勤めていた会社を退職して、次の職場も決まっておらずに人生の夏休みができたため、自分探しをしてみようと大学生のようなことを思い、東南アジアの国々をバックパッカーとして一人旅をしました。

バックパッカーとして一人旅をしようと思った理由

8年間働き詰めだった毎日から解放されたものの、仕事人間だった私は暇を持て余す日々が続いていました。そんな時、

「こんなに時間を自由に使えるのはもう老後までないのだから海外旅行でもしてきたら?」

と友人から言われ、確かにその通りだと思って海外旅行を決意しました。

また仕事以外の自分を見失っていたので、現地の人との交流したり、そこにあるものに触れることで何かを感じ取って成長できるかもしれないと考えたことが、ツアー旅行ではなくバックパッカーとしての一人旅をした理由です。

予想を超える東南アジア一人旅

私が旅をしたのは東南アジアでは鉄板となる、タイ、カンボジア、マレーシア、ラオス、ベトナムの5か国となります。

私と同じように一人旅をしている日本人ともチラホラと出会い、意気投合して宿を共にしたり、カンボジアでは世界遺産のアンコールワットに一緒に行ったりもしました。ベトナムでは夜中にクラブへ行き、そこにいた現地の人と日本人とでバカ騒ぎもしました。

東南アジアの言葉はほとんどわからず、お店でぼったくられたりしたこともありましたが、それぞれの国で現地の人が食べ物などを恵んでくれたりもして、人に助けられてなんとか生きていくことができていました。

初めてのバックパッカーとしての一人旅は本当に大変でしたが、充実した30日間で日本に帰国する時は目に涙が溢れてもいました。

一人旅で得たモノは「人とのつながり」

この東南アジアの一人旅で私が得た財産は「人とのつながり」でした。旅で出会った現地の人や日本人とはFacebookやLINEでつながっています。特に旅で出会った日本人とは、帰国してからも頻繁に連絡を取り合って一緒に飲みにいったりもしています。

結局自分を見つけることはできませんでしたが、この旅を行わなければ出会えなかった人たちだと考えると、私はバックパッカーをしようと思い立ったことは正解だったと思います。

まとめ

いかがでしたか。もしこれを読んだ方が私と同じようにバックパッカーとして一人旅をして、何かを得ることができれば幸いです。もし時間が有り余っていましたら、東南アジアの一人旅はオススメですよ。

 

5 件のコメント

  • Hi, very nice website, cheers!
    ——————————————————
    Need cheap and reliable hosting? Our shared plans start at $10 for an year and VPS plans for $6/Mo.
    ——————————————————
    Check here: https://www.reliable-webhosting.com/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。