転職旅行での市場規模は?知ってた?実は以外にも大きい

転職旅行という言葉を知っていますか?

卒業旅行や新婚旅行は知っているが転職旅行という言葉を聞いた事がある人は少ないかもしれません。

転職旅行とは『転職する前に旅行に行くこと』を指します。

近年、転職をする人が増加傾向にある中、同時に転職旅行する人も増えているのが現状です。

これは旅行サイトトリップアドバイザーの転職旅行データを参照すると約3人に一人が転職旅行を経験しているようです。

 

転職旅行の市場規模はどれくらい?

転職旅行の市場規模は1290億円です。そのうち転職旅行者のうち国内への旅行は56%、海外旅行へは44%です。ほぼ国内海外ともに同じくらいですね。

他にも平均宿泊日数は『4.8日』、使用した金額は19万8000円、国内旅行は6万2000円。

また個人手配した旅行は72%次にフリープラン宿泊と交通のみの全日自由行動)のパッケージツアーが18%、添乗員が同行するツアーは8%です。

個人手配が多い理由として考えられるのは、転職前取得できる休暇が直前になるまでわからないので、最終的に個人手配になってしまうのだと考えられます。

他にも様々なデータがあったので紹介します。

 

転職前に取得できた休みはどれくらいなのか?

転職旅行へ行くと言ってもそもそもどれくらい平均で休暇を取得できたのかは気になる所ですね。

ここで転職前に取得できた休暇日数を下記に載せます。

0~3日では27%ですが、22日以上が半分近くいます。有休休暇をきちんと消化できているようです。

その休みの中で旅行期間は下記のようになります。

旅行期間半分程が一週間以内のようです。また、このデータの中で15泊以上の過半数は一人旅にて旅行している人です。

転職旅行に行った感想は?

転職旅行へ行った感想についてはほぼ全員が行ってよかったようです。

注目すべきは気持ちの切り替えが出来たという部分もそうですが、やはりスキルアップ出来たところについてです。旅行でスキルアップ出来るのかという部分ですが、やはりどこへ行っても様々な価値観に触れる事になるので、『自分の価値観が変わる』ことは大きいです。、また、一人旅にいたっては『自分一人で出来る』と言う自信がつく等得るものは多いです。

旅行へ行った人がいる反面行かなかった人はどのような理由なのでしょうか。今後旅行するにあたって『なぜ旅行いかなかったのか』を知る事は対策をするにあたって重要ですね。

転職旅行へ行かなかった理由を見てみましょう。

 

まとめ

様々なデータからみた転職旅行についてみてきました。

国内であっても、国外であっても転職旅行へ行って皆良かったといっているので是非行ってみる事をお勧めします。