一人旅のおすすめ観光地と体験談@トルコ

トルコ共和国って?

トルコは中東・アジア・ヨーロッパの真ん中にある複数の文化が混じった観光大国です。

周囲を地中海やエーゲ海、黒海に囲まれ、ビーチリゾートも多い一方、有名なカッパドキアやパムッカレ・ヒエロポリス、ブルーモスクなどの世界遺産や有名観光名所があります。

また、ケバブやトルコアイスで有名なように、食文化も栄えており、トルコ料理は世界三大料理に数えられています(他二つはフランス料理、中華料理)。

メルジメッキ・チョルバス、チョバン・サラタス、フムス、ビベル・ドルマス、ミディエ・ドルマ等様々な料理があり、旅行の目的をトルコ料理にしても良いと思います。

 

■参考:トルコの一般情報:

正式名称 トルコ共和国
首都 アンカラ
人口 約7800万人
面積 78万km2(日本の約2倍)
宗教 イスラム教
言語 トルコ語
通貨 トルコ・リラ
東京からのフライト時間 約13時間
時差 マイナス6時間
お薦めの観光地 カッパドキア、パムッカレ

なお、後述しますが、物価も欧米と比べれば高くなく、バックパッカーなどの貧乏旅行者でも滞在可能です。

街並みを楽しみたい人、食文化を楽しみたい人、世界遺産を見たい人、貧乏旅行をしたい人、どのジャンルの方にでも楽しめる国のため、一人旅先を選ぶ際は常に候補に入ってくるでしょう。

加えて、トルコは親日で有名な国です。

若い日本人女性は空港からイスタンブール市街に行く間に必ず1度はナンパされると言いますし、トルコ人女性は親日かつ美人なので、勇気を出せば日本人男性にもチャンスがあります。

 

 

参考:トルコの位置:

おすすめ観光地

イスタンブール歴史地域

ネムルト・ダウ

サフランボル市街

トロイの考古遺跡

 

セリミエ・モスクとその社会的複合施設群

カッパドキア

ペルガモンとその重層的な文化的景観

エフェソス

アフロディシアス

ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群

ヒエラポリス-パムッカレ

 

一人旅エピソード①イスタンブールへの一人旅:

■一人旅事例-概要:

訪問都市 イスタンブール
資金 1週間で25万円くらいでした。
渡航費は格安のチケットでも14万円。ホテル代が5日間で6万5千円ほど。食費や観光費で5万円くらいでした。
行き方 大阪(伊丹)空港→成田空港→イスタンブール
一人旅をしよう思った理由 大学生最後の春休みに刺激的なことをしたかった。

■一人旅エピソード:
イスラム国がトルコの膝元まで勢力を拡大して中東の治安が悪化する中で、トルコ国内でもエルドラン大統領に対する市民の反発もあり、政治状態の雲行きが怪しくなっていた時期で、軍によるクーデーターがはじめる数ヶ月前だった。

私自身が、トルコに旅行しようと考えたのは、政情の不安定、中東情勢の悪化がもたらすヒリつくような空気の中で、イスラムとキリスト文化が混在する形で形作るイスタンブールの街を見たかったというのが動機だったと思う。大学生ゆえのスリルを楽しみに行くという、不純な気持ちもあった。

さて、端的に、イスタンブールの景色はすばらしかった。

太陽が沈みきった時間に、ライトで照らされたモスクの姿を忘れることはできない。

街の人たちは、ピリピリとしていた。暢気な観光客である私が、お店やホテルの手続でもたついていると、おそらく悪口を言われているのだろうと思うこともあった。

しかし、この時期によく来たね、と私を歓迎して、地元に住む彼が行きつけのレストランに食事をしに出かけた良い思い出もある。彼とは、Facebookで今でもつながりをもっているが、そこで飲んだトルコ産のビールの、あっさりとした爽快な後味を今でも忘れない。

トルコには忘れられない思い出がたくさんある。

一人旅エピソード②イスタンブールの一人旅:

■一人旅エピソード:

私は20代の頃トルコにバックパッカーに行きました。何故旅に出たかというと、仕事で疲れてとにかく一人になりたかったからです。

多分現実逃避がしたかったのだと思います。それまでに海外旅行の経験はありますが、旅行センターから手配してもらってという、パッケージ旅行しかありませんでした。

正直、海外はまだ怖いというイメージが多く一人で旅行なんて考えることが出来ませんでした。しかし、仕事で疲れているせいか、そんな怖さはどうでもよくなって行きたいという気持ちが大きかったのです。人はどん底になると意外と勇気が出るものなのだなと思いました。笑

そして、トルコを選んだ理由はヨーロッパっぽい雰囲気が好きだからです。中東は、ヨーロッパに近いので、景色はヨーロッパだと聞いたからです。

中東は旅行が安い事から魅力なのですが、やはり危険なイメージがあるので今はまだ行く気になれませんでした。そこで選んだのが親日家で比較的安全なトルコでした。

そして、トルコに実際に行った感想はとにかく景色が綺麗という事です。そして、ご飯も美味しく人も優しく気さくでとても刺激になりました。

私は普段人見知りで誰かに話しかけることは少ないのですが、トルコに行って人見知りが少し良くなったのが一番の体験です。

トルコに行くと自然と声をかけてくれるので自分からも声を掛けやすいですし、刺激になりました。日本人はどうしても声を掛けにくい雰囲気があるのですよね。

やはり、普段から急いでいる人が多いからでしょうか。トルコは相手からも声を掛けてくれるし、気さくなので自然と声を掛けやすいのです。正直なれました。人に声を気安く掛けられる人はもう、慣れもあるのだと思います。一回慣れてしまえばもう怖いもの知らずです。私も旅行に来て3日間くらいはなれませんでしたが、1週間くらいしたらまったく抵抗がなくなりました。

慣れはすごいなと改めて感じました。私はバックパッカーなのですが、心配性で怖がりなのでものすごく貧乏な旅行はしていません。

バックパッカーは旅費を節約するために最低限の宿で泊まりますが、私は最低限の設備がしっかりしていないと怖くて泊まれませんでした。ですので、旅行はバックパッカーにしては少し高めかなと思います。おなかも弱いので屋台みたいなところでは食べずちゃんとしたレストランで食べます。合計9日間くらい滞在しましたが、とても刺激的な旅行になりました。

また、機会があれば行ってみたいと思います。